/

東京都豊島区、23年2月に児童相談所を開所 

東京都豊島区は2023年2月、区内に独自の児童相談所(児相)を開所する。閣議決定で独自の児相を設置できる「児童相談所設置市」に豊島区が指定された。母子手帳の交付や乳幼児健診をする「長崎健康相談所」や消防団施設が入る複合施設に入居する。

児相には子どもたちが遊べるラウンジやスポーツのできる体育館を用意する。子育て支援の拠点として虐待の早期発見から母子健康の支援まで一貫して対応できるようにする。

都内の多くの市区町村では、都が児相を運営している。16年の法改正で、児童虐待への対応強化を目的に特別区が独自に児相を設置できるようになった。これまでに江戸川区や中野区など5区が独自に児相を設置しており、7月に開設予定の板橋区に続き豊島区が7区目となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン