/

多摩大学、小田急電鉄などと地域課題の解決で連携

多摩大学(東京都多摩市)と小田急電鉄、小田急不動産は、地域課題の解決に向けた連携協力協定を結んだ。沿線にキャンパスを持つ多摩大学と小田急グループとが連携してイベントなどを企画する。少子高齢化に直面する多摩ニュータウンなどの地域課題に産学で取り組む。

協定の締結は14日付。小田急電鉄と多摩大は地域でのイノベーションの創出を目指す産学連携シンポジウムの開催などをする。小田急不動産が2019年に川崎市内で開業したコミュニティー施設では、地域の子どもの知的好奇心を育む「マチカドこども大学(仮称)」を産学連携で始める方針という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン