マレーシア元首相「日中韓印の指導者、毎年会うべき」 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

マレーシア元首相「日中韓印の指導者、毎年会うべき」

[有料会員限定]

マレーシアのマハティール元首相が15日、訪問先の静岡市で静岡県庁の幹部職員に向け講演した。ロシアによるウクライナ侵攻や新型コロナウイルス感染拡大で世界に危機感が広がる中「今はアジアが世界を率いる立場にある」と強調。その上で「アジア諸国は互いに友好関係を築くべきだ。東南アジア諸国連合(ASEAN)の60年の歩みを参考に日中韓とインドの指導者は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り168文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません