/

中国財務局、地域経済活性化へ新部署

中国財務局は22日、管内の地域経済の成長を後押しする「地域経済活性化本部」を立ち上げたと発表した。自治体や金融機関、大学と連携し、地元企業の脱炭素の支援やまちづくりに取り組む。これまで個々のテーマに縦割りの部署で対応してきたが、部局横断でスピード感をもって活動できるようにする。

現在の部署と兼務する形で、約70人の職員が参加する。地域経済の活性化のために本部を新設するのは全国の財務局で初めてという。今年7月に就任した柴田聡局長が主導した。財務局は金融機関や自治体、企業などと接点があるが、各プレーヤーをつないで調整する部署が必要だと考えたという。

新たな部署は地元企業の脱炭素に向けた仕組みづくりなどを後押しする。自治体と組み、国有地と一体となった再開発などにも取り組む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン