/

大塚製薬工場、医療機器開発のNCIに資本参加

徳島県鳴門市に本社を置く大塚製薬工場は医療機器を開発するスタートアップ、ニューロシューティカルズ(NCI、東京・文京)に資本参加した。NCIの第三者割当増資に応じた。出資額は公表していない。両社は2019年から共同で医療機器の開発を進めており、出資を通じて連携を深める。

大塚製薬工場は大塚ホールディングス傘下で、点滴に使う輸液の製造で国内最大手。NCIは09年の設立で、心臓用カテーテルや内視鏡システムなどを開発している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン