/

この記事は会員限定です

星野リゾート、茨城で「輪泊」1年 自転車で魅力発信

「BEB5土浦」総支配人に聞く

[有料会員限定]

かつて茨城県南の商都と呼ばれ、今はサイクリングを魅力とするまちづくりにこぎ出す土浦市。星野リゾートがJR土浦駅の商業ビル内に「ハマる輪泊」をコンセプトとしたホテル「BEB5(ベブファイブ)土浦」を開業して1年が過ぎた。2020年12月から総支配人を務める大庭祐太さんに経緯や戦略を聞いた。(日経グローカル410号に掲載)

――2020年3月に開業したBEB5土浦の特徴と客層は。

「全90室で、このう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン