/

この記事は会員限定です

鳥取県、上海外国語学校で授業 インバウンドへ種まき

[有料会員限定]

鳥取県は中国からのインバウンド(訪日外国人)復活へ向けた種まきを進めている。2021年2月に中国籍の国際交流員(上海駐在)を採用していたが、9日に母校の上海外国語学校の日本語クラスで授業の一環として鳥取県の観光情報などを紹介した。

県ではこれまで上海を中心に国際旅行博覧会やショッピングモールへのブース出店、百貨店でのパネルや動画の掲示、SNS(交流サイト)などでの情報発信などをしてきたが、上海外国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン