/

この記事は会員限定です

茨城県南で個性派の酒 コーヒー風味や中学校産ホップ

[有料会員限定]

茨城県南で個性派の酒が続々と生まれている。つくば市はコーヒー豆を副原料にしたクラフトビールをスタートアップ育成施設で提供し、交流の輪を広げ起業支援を狙う。阿見町は町内産のコメで作る日本酒にバラの香りを付けて発売、地域経済を盛り上げる。龍ケ崎市は中学校で栽培したホップでビールを醸造し、利益の一部を教育費に還元する。

12日夜、つくば市のインキュベーター「つくばスタートアップパーク」は熱気に包まれて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン