/

第2の父母ケ浜を探せ、四国の新名所 ドコモがAI解析

日本のウユニ塩湖と言われて有名になった父母ケ浜(香川県三豊市)

景観が南米ボリビアのウユニ塩湖と似ていることから有名になった海水浴場「父母ケ浜」(香川県三豊市)のように、海外の有名スポットと似ている四国の新名所を探す写真コンテストが実施されることになった。

観光地域づくり法人(DMO)の四国ツーリズム創造機構(高松市)とNTTドコモが共同で実施する「四国で出会える世界の有名スポットコンテスト」で、応募者は自分で撮影した四国の名所などの写真と、似ていると考えられる海外の有名スポットを合わせて送る。2枚の写真の類似度はNTTドコモの開発した人工知能(AI)技術で数値化し、さらに審査員の目による判定と合わせて採点する。

応募対象は景観地や建築物、美術品など。同機構の設定したインスタグラムに撮影した写真を投稿する。応募期間は8月2日から12月31日まで。採点結果の高い作品には5万円の旅行券などの賞品を贈る。

父母ケ浜は風のない干潮時になると水鏡が現れる。水面に映る風景が天空の鏡と言われるウユニ塩湖と似ており、インスタ映えする絶景スポットとして全国に知られるようになった。同機構は今回の写真コンテストを通じて第2、第3の父母ケ浜を見つけ、四国の観光地の知名度向上と誘客につなげたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン