/

この記事は会員限定です

かつて「金の木」会津の桐 新たな苗木で再興模索

[有料会員限定]

桐(きり)材生産量が全国一の福島県で、会津地方はその大半を供給する「桐の里」。だが、長らく安い外国産材に押されて衰退が止まらない。県が開発した病気に強い苗木をテコに、再興を模索している。

茅葺(かやぶ)き屋根の建物が軒を連ねる「大内宿」(福島県下郷町)。11月中旬、江戸時代の宿場町の風情を残す観光名所のそばで、桐の植樹祭が開かれた。星学・下郷町長は「二酸化炭素(CO2)を減らし、観光資源にもなれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1171文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン