/

栃木県、売上半減の中小事業者に一時金

栃木県の福田富一知事はコロナ対策に関する5月の補正予算案を発表した(14日、宇都宮市)

栃木県の福田富一知事は14日、中小企業や個人事業主向けの新しい一時金制度を設けると発表した。売上高が前年か前々年と比べて50%以上減少した事業者が対象。中小企業には20万円、個人事業主には10万円支給する。

5月の補正予算案に盛り込んだ。他にも、飲食店や宿泊事業者向けに空調や換気設備の刷新などにかかる費用の助成制度も設ける予定だ。

県独自の飲食店の感染防止策認証制度「とちまる安心認証」を政府の外食需要喚起策「Go To イート」の条件にすることについて、既に対象となっている飲食店は認証取得が条件にならないことを明かした。

新規で応募する場合には認証取得を条件にすることで調整している。福田知事は「すでにGo To イートの対象になっている飲食店にも積極的に認証取得を働きかけたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン