/

北陸銀行、私募債を地域のスポーツ支援に

北陸銀行は15日、SDGs(持続可能な開発目標)やESG(環境・社会・企業統治)に積極的な団体や自治体を支援する「〈ほくぎん〉寄贈型SDGs私募債」で、スポーツ団体を追加すると発表した。趣旨に賛同した企業の私募債の発行額の最大0・2%を同行がチームに寄付し、地元のスポーツを支援する。

記者会見には北陸銀行の麦野会長(左から2番目)や寄付先に追加されたチームの社長らが出席(15日、富山市)

新たに追加するのは、サッカーのJ3のカターレ富山、バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズ、野球チームの富山サンダーバーズ。同私募債は2017年に始め、実績は130件ほど。発行額は120億円程度、寄付金は2500万円を超えているという。

同日開かれた記者会見で、北陸銀行の麦野英順会長は「SDGsの目標のうち17番目の『パートナーシップで目標を達成しよう』が大切になる。連携をとりながら街を盛り上げていくというのが重要だと思う」と話した。

スポーツチームを寄付先として指定した私募債の引き受けも同日発表した。システム開発などを手掛けるトヤマデータセンター(富山市)はカターレ富山を、鋼加工の佐藤鉄工(富山県立山町)が富山グラウジーズを、日本海ガス(富山市)は富山サンダーバーズを寄付先として私募債を発行する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン