/

この記事は会員限定です

フレイル防げ 首都圏の産学官、コロナ禍で知恵絞る

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大の長期化で、外出機会が減った高齢者のフレイル(虚弱)予防が課題となっている。コロナ禍で高齢者の体力低下が確認されたという調査もある。首都圏の自治体や大学は、運動や食事の管理に加え、社会参加も促すことで年配者の暮らしを支える考えだ。

女子栄養大学(埼玉県坂戸市)の実践運動方法学研究室が開く体操教室「体操茶屋」。昨年12月末に開いた教室のときは同県日高市内の会場に70~80...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン