/

この記事は会員限定です

離婚後の養育費確保を支援 首都圏自治体が助成拡充

[有料会員限定]

離婚した親が子どもの養育費を払わなくなるのを防ぐため、首都圏の自治体が対策を打ち出している。養育費の不払い時に法的措置に移行しやすくなる公正証書の作成や、不払いに備えて民間の保証契約をするための費用を補助する。新型コロナウイルス禍などで経済的に困窮するひとり親家庭を支援する。

養育費は子どもが自立するまでの食事や医療、教育にかかる生活費を指す。離婚前に親の話し合いで金額や期間を取り決めるのが一般的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1204文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン