/

この記事は会員限定です

「縄文って何?」英国・九州でPR 世界遺産効果を延伸

[有料会員限定]

青森県の三内丸山遺跡センター(青森市)は縄文文化になじみの薄い英国や九州など西日本で世界文化遺産の「北海道・北東北の縄文遺跡群」のPRに乗り出す。登録は昨年7月だが、世界遺産になった後に数年でブームが去るケースも少なくない。歴史に関心が高い人が多い「異郷」を地道に開拓することで、弥生文化ファンや外国人の観光客誘致に結びつけていく。

「縄文文化の認識度は西日本では薄い」。三内丸山遺跡センターの世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り946文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン