/

厚木など神奈川3市、「10万円」年内に現金で

(更新)

政府が経済対策に盛り込んだ18歳以下への10万円相当の給付について、神奈川県厚木市と海老名市、綾瀬市は14日、年内に全額現金で給付すると発表した。海老名市と綾瀬市は一括給付し、厚木市は2回に分ける。

厚木市は給付対象となる約3万2200人のうち、申請が不要な児童手当受給者世帯の約2万5200人に現金10万円を2回に分けて支給する。残りの世帯は年明けに申請してもらい、現金一括支給も検討する。

すでに対象者向けに通知を発送している5万円分については予定通り23日に給付し、残りの5万円分は市議会の議決を経た後、28日に現金で給付する。財源は市が立て替える方向で検討しているという。

海老名市は市議会の議決後、27日に一括で現金給付する方針だ。対象は申請が不要な約1万7000人。もともと23日に5万円分を給付する予定で、すでに通知も送っているが、23日の給付をやめ、27日に一括で現金支給する。近く対象世帯に改めて通知を送る。市の財政調整基金で立て替える予定だ。

神奈川県内では横浜市、川崎市、相模原市が、クーポン方式をとらず全額現金で支給する方針を表明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン