/

この記事は会員限定です

松江経済 、「産学官金」連携で再興なるか 新市長に上定氏

[有料会員限定]

新人3候補が争った松江市長選は18日投開票され、元日本政策投資銀行松江事務所長の上定昭仁氏(48)が6万1000票余りを得て当選した。新型コロナウイルスの影響で市の経済は観光業を中心に大きな打撃を受けている。立て直しの鍵は「産官学金の連携だ」と主張する。銀行マンとして国内外で豊富なキャリアを持つ上定氏の手腕に期待が集まる。

「古くて良い物を磨き上げ、豊かな発想に基づいて新しい風を吹かせ、誇りと愛着...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン