/

この記事は会員限定です

島根原発2号機、再稼働へなお課題 安全審査に正式合格

[有料会員限定]

中国電力の島根原子力発電所2号機(松江市)が15日、原子力規制委員会の安全審査に正式合格した。再稼働へ向けて今後は地元自治体の同意に焦点が移る。鳥取県などが求めている事前了解権などの問題や避難計画の実効性の向上など、再稼働にはまだ多くの課題が残っている。

正式合格を受けて、中国電力は幹部が同日午後に島根県庁を訪ねて報告した。島根県の丸山達也知事は「政府などから安全性や再稼働の必要性などについて説明を受け、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン