/

この記事は会員限定です

茨城名産、納豆成分の化粧品 和の装いで海外にも

Bizブックマーク

[有料会員限定]

鈴木ハーブ研究所(茨城県東海村)は、大豆やパイナップルの成分を配合したスキンケア化粧品を主力とする。これまでシリーズ累計520万本以上を売り上げた。その陰で伸び悩んできたのが、地元・茨城名産の納豆の成分を含む保湿化粧品だ。筑波大学と共同でデザインを刷新し、海外向けやお土産品としての魅力を高めた。

納豆シリーズは2004年の創業のきっかけとなった商品だ。鈴木さちよ社長の娘がアトピー性皮膚炎による肌あ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り912文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン