/

この記事は会員限定です

来れ子育て世代 高知「二段階移住」、島根は空き家整備

[有料会員限定]

中四国の多くの地域で30~40代の子育て世代が流入している。総務省の住民基本台帳人口移動報告によると、2021年に9県のうち島根、鳥取、高知など6県が転入超過だった。まずは県庁所在地に移住し、慣れた頃にさらに気に入った県内の自治体に住み替える「二段階移住」や、安く住める賃貸住宅の充実など各県は呼び込みへ様々な工夫を凝らしている。

転入超過率が0.10%と中四国3位だった高知県。子育て世帯の間で評...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン