/

はとバス利用客2.7倍に 22年6月期、コロナ前比では2割

はとバス(東京・大田)は14日、2022年6月期の利用客が前の期比2.7倍の13万2007人になったと発表した。新型コロナウイルスの感染が拡大した21年7~8月と22年1~2月は利用客が落ち込んだが、感染が落ち着いた3月以降は前の期を大きく上回った。ただ、感染拡大前の19年6月期と比べると、利用客は2割弱にとどまった。

22年7月以降は観光需要喚起策「全国旅行支援」の開始により、かき入れ時の夏休みシーズンに都内観光者の増加を見込んでいたという。ただ、足元では再び感染が再拡大しており、実施時期が見通せなくなった。同社の担当者は「感染収束後の各種支援策の効果に期待したい」とした。

はとバスはコロナ流行前は訪日外国人向けの外国語案内も実施していたが、20年4月以降は運行を休止している。19年6月期は利用客全体の6%弱にあたる4万5000人が外国語コースに参加していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン