/

この記事は会員限定です

山形県22年度予算案6849億円 デジタル社会へ積極投資

[有料会員限定]

山形県は15日、一般会計で総額6849億円となる2022年度予算案を発表した。新型コロナウイルス対策などを強化し、21年度当初比0.4%増となった。暮らしや仕事、行政サービスのデジタル化を推進するほか、県民所得向上に向けた産業支援、子育て環境の充実、健康長寿社会の実現などに力を入れる。

コロナ対策は920億円。吉村美栄子知事は会見で「ウィズコロナにしっかり対策しつつ、同時にポストコロナを見据え、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り631文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません