/

北陸銀行、新型ローンの取り扱い開始 日本公庫と連携で

北陸銀行は日本政策金融公庫と連携して無担保で設備資金や運転資金を貸し出す融資商品を取り扱うと発表した。日本公庫が組成したローン担保証券(CLO)の仕組みを使って信用リスクを補い、地域の中小企業へ円滑に資金を供給する。

「ほくぎん地方創生ローン」の商品名で12月17日まで申し込みを募集する。日本公庫は特別目的会社(SPC)を設立し、公庫は北陸銀やSPCと、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の契約を結ぶ。SPCが社債を発行して投資家を募り、融資先の債務不履行などに備えるための資金を調達する。北陸銀は中小企業への融資を行う。

融資額は500万~5千万円。融資期間は5年2カ月で、手数料は5万5000円となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン