/

浜松学院大の新学長に俵山氏

浜松学院大学を運営する学校法人興誠学園(浜松市)は14日、研究実績の不正で4月に懲戒解雇処分となった石田勝義前学長の後任に、しんきん経済研究所(同市)の俵山初雄理事長(70)を選んだと発表した。任期は7月1日から2025年3月31日まで。

俵山氏は静岡県掛川市出身。1973年に立命館大学経営学部を卒業後、浜松信用金庫(現・浜松いわた信金)に入庫。同信金常務理事を経て15年から現職。就任後は教育だけでなく大学の経営改革に取り組む方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン