/

新感覚スポーツ施設オープン、イオンレイクタウン 埼玉

10メートルを走りきり、猛獣から逃げるアトラクションなどを用意した

イオンレイクタウンmori(埼玉県越谷市)に15日、バンダイナムコアミューズメント(東京・港)が手掛ける新感覚のスポーツ施設「VS PARK」がオープンした。スクリーンに投映された映像に合わせて体を動かすことができるアトラクションなど24種類を用意し、家族や友人同士で楽しんでもらう。

関東初の出店で、国内では大阪、愛知、宮城に続き4店舗目。10メートルを全速力で走り、スクリーンに映し出される猛獣から逃げる人気アトラクション「ニゲキル」では、時速110キロメートルで走るチーターや巨大ティラノサウルスなどが登場する。川下りを仮想現実(VR)で体験できるゲームや制限時間内に謎を解けないと巨大風船が爆発する遊びなどもそろえた。

左右に素早く動いて、スクリーン上の猛獣をよけるゲーム「ヨケキル」は最大4人で楽しめる

バンダイナムコアミューズメントの担当者は「バラエティー番組のような体験ができるのが特徴。体験する時だけでなく、待ち時間に他の人の様子を見るのも楽しいのが魅力」と話した。

施設は小学生以上が体験できる。2時間遊び放題で、利用料金は季節や曜日に応じて変動し、大人2800~2900円、中学生から大学生が2300~2400円。小学生は1800~1900円。施設面積は1672平方メートル。新型コロナウイルスの感染対策として、各アトラクションの場所に手指消毒液を設置。混雑時は入場制限を設ける場合もあるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン