/

東京都、積極的疫学調査を強化 保健師ら40人追加採用へ

東京都は新型コロナウイルスの感染再拡大に備え、クラスター(感染者集団)発生時に感染経路や濃厚接触者を調査する積極的疫学調査の体制を強化する。保健師や看護師、入力作業を担う事務職員ら40人を5月上旬に追加採用し、23区や多摩地域の5つの保健所で調査業務に当たってもらう。

5月10日から9月末までの期間限定の職員として雇用する。疫学調査のほか、PCR検査会場の運営、自宅療養者らの健康観察を担う保健師や看護師、准看護師は30人程度を確保する。10人程度の採用を予定する事務職員は電話対応やデータ入力などを担う。

疫学調査は感染者ごとに多くの人手を要するため、新規感染者が急増すると感染経路の追跡が追いつかなくなる。都は感染第3波の影響で調査人員が足りなくなり、臨時措置として1月22日から2月25日にかけて疫学調査の対象を絞り込んだ経緯がある。

都は4月14日、緊急事態宣言解除後では最多となる591人の新規感染者を確認した。感染再拡大に伴い、保健所から体制の拡充を求める声があったため、追加採用に踏み切ったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン