/

サトウ食品、純利益2.2倍の14億円 21年4月期

サトウ食品が14日発表した2021年4月期の連結決算は、純利益が前の期比約2・2倍の14億円だった。新型コロナウイルスの影響による内食需要の高まりで包装米飯や包装餅製品の売り上げが好調だったのに加え、生産量の増加に伴う製造原価の低減も寄与した。

売上高は5%増の469億円で売上高、利益とも過去最高を記録した。好業績に加え21年4月で上場20周年を迎えたのを記念し、14円の上場20周年記念配当を実施。21年4月期の年間配当を従来予想より14円上乗せの44円とした。22年4月期の業績見通しは未定としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン