/

東京都医師会、新型コロナの分類見直しで独自案

東京都医師会は14日、新型コロナウイルスの感染症法上の分類の見直しに関する独自案を公表した。現在指定されている、危険度が上から2番目に高い「2類相当」から、新設する「指定感染症5類感染症全数把握対象疾患相当」にうつすよう提案した。

同日記者会見した尾崎治夫会長は、独自案について「いきなり5類に引き下げようとすると議論が進まない。現状に即した分類を作ってもよい」と説明した。

独自案では、患者の全数届け出や医療費の自己負担なしは維持した上で、季節性インフルエンザと同様、保健所による入院勧告・入院措置や健康観察は原則行わなくてよいとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン