/

猛暑の熊谷、八木橋百貨店が恒例の温度計設置

設置初日となった14日の気温は午前11時時点で24.3度だった

2018年に41.1度の国内最高気温を記録した埼玉県熊谷市で14日、八木橋百貨店(同市)が毎年恒例となった高さ4メートルの大温度計を店の前に設置した。夏もマスクを着用する来店客や市民に対して熱中症への注意を促すデザインを昨年から引き継いだ。

熊谷地方気象台の発表を基に午前11時と午後2時、店員が手作業で気温を表示。温度計にはオリジナルキャラクターが「くっつかない」「手を洗う」「マスクで買い物」と新型コロナウイルスの感染対策も呼び掛ける。宮地豊販売促進部長は「昨夏はマスク着用で来店され、店で苦しくなる客もいた。マスクなしのデザインにしたかったが今年も注意を呼び掛けたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン