/

神奈川県、3回目ワクチン接種で大規模接種会場

神奈川県は14日、新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種について、県の大規模接種会場での接種を始めると発表した。1月は22、25、30、31日に、2~3月は月に15日ほど実施する。医療従事者や高齢者施設の従事者らのうち、2回目の接種から6カ月以上経過した人が対象となる。市町村による追加接種を広域的に後押しする。

14日、県のウェブサイトで予約の受け付けを始めた。会場は県が運営している新横浜国際ホテル(横浜市)マナーハウスの大規模接種会場で、使用するワクチンは米モデルナ製。1~2回目に他社のワクチンを接種した人も予約でき、接種券が手元に届いていない人も接種が受けられるという。

追加接種の対象となる従事者らは県内在住・在勤で、新型コロナの患者に頻繁に接する機会のある医療従事者や自衛隊員、保健所職員らや介護保険施設や障害者支援施設の職員ら。1日あたり800~1200人程度で合計4万人の接種を予定するという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン