/

中国5県の鉱工業生産、2月3.4%低下 半導体不足が影響

中国経済産業局が14日発表した中国5県の2月の鉱工業生産指数(2015年=100、季節調整済み、速報値)は、前月比3.4%低下の97.1となった。低下は3カ月ぶり。世界的な半導体不足を背景に、自動車や関連する部品の生産が落ち込んだ。

生産の基調判断は「持ち直している」と据え置いた。個人消費の判断は「持ち直しの動きに足踏み感がみられる」とし、11カ月ぶりに引き下げた。新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて、外出自粛の動きが広がったことで百貨店などの販売が低調だった。

業種別の生産指数は、自動車や同部品を含む輸送機械工業が6.9%低下の91.8だった。半導体不足でマツダなどの完成車メーカーが減産をした影響が出たほか、新型コロナの感染再拡大が続く欧州向けの需要が減少したことが響いた。中国経産局の担当者は「足元でも半導体不足の影響は続いている。今後も状況を注視する」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン