/

この記事は会員限定です

都市型バイオマス発電、神奈川で相次ぐ 茅ケ崎や横須賀

[有料会員限定]

神奈川県内の都市近郊でバイオマス発電所が相次ぎ稼働している。公園の樹木や住宅の庭木を剪定(せんてい)した枝などを加工したチップを燃料に活用。都市の電力需要の一部をまかなうエネルギーの「地産地消」に役立つほか、ゴミとして処分されていた剪定枝を有効利用できるため、自治体も事業者と連携している。

土木建設の都実業(鎌倉市)のグループ会社、利久(藤沢市)は8月1日から茅ケ崎市でバイオマス発電所の運用を始...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り882文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン