/

女性の管理職比率とは 米欧先行、日本は10%台

きょうのことば

女性の管理職比率 民間企業や官公庁などで課長級以上の管理職として働く男女に占める女性の割合をさす。政府目標は30%程度。2003年に「20年までに」との期限付きで掲げたが、実現が見通せず、20年12月に「20年代の可能な限り早期に」と改めた。

内閣府の資料によると、19年時点で米国やスウェーデンでは同比率が40%を超えているのに対し、日本は10%台にとどまっている。英国やフランスも35%前後のため、日本の低さは際立っている。衆院議員の女性比率でも欧米諸国が20~30%台なのに日本は10%にも満たない状態だ。

世界経済フォーラム(WEF)が21年3月末に発表した、世界各国の男女平等がどれだけ実現できているかを数値にした「ジェンダー・ギャップ指数」で日本は調査対象の156カ国中120位だった。主要7カ国(G7)の最下位になり、アジアでも中韓の順位より低い。特に女性の政治参画や経済参画での評価が低かった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません