/

闘病の子ども・家族向け施設 東邦銀行が認知向上へ支援

闘病中の子どもや家族の滞在施設を運営するNPO法人「パンダハウスを育てる会」(福島市)は、子どもたちの作品展をオンラインで開くため、クラウドファンディング(CF)で運営資金を募っている。東邦銀行はCFの手数料の一部を補助し、施設の認知度向上にも努める。

同会は福島県立医科大学付属病院(同市)近くでパンダハウスを運営。小児がんなどで闘病中の子どもが外泊したり、遠来の家族がくつろいだりできる施設で、1997年の開所から延べ4万人以上が利用した。

作品展は病児を元気づけようと企画。CAMPFIRE(東京・渋谷)のサイトで200万円を目標に5月末まで資金を募る。東邦銀の働きかけもあり福島交通(福島市)は1日、路線バスの最寄りの停留所名を「パンダハウス」に変更。車内の液晶パネルで施設紹介の画像を掲載するなどして会の活動をPRする。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

地方銀行や信用組合、信用金庫の最新ニュースをまとめました。人口減少が進む地方で経営統合による経営力強化や新規事業、地方企業育成などを進める各金融機関の最新ニュースや解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません