/

この記事は会員限定です

広島県、苦難の「大規模PCR」 緊急事態宣言決まる

[有料会員限定]

広島県が14日、新型コロナウイルスの感染再拡大で緊急事態宣言に追い込まれた。大規模PCR検査で感染者を早期に発見して流行を抑える「広島方式」を進めてきたが、大きな感染の波に振り回され、効果を示せていない。

大規模検査は新規感染者を見逃す比率を下げ、大規模な流行を防ぐ取り組み。感染者の増加率が「感染率」「感染に関与する人口」「新規感染者の見逃し率」の3つの変数に比例するという数理モデルに従ったものだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り701文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン