/

空港リムジンバス、高松港まで延伸 ことでんバス

ことでんバス(高松市)が運営する高松空港リムジンバスは14日、高松港のフェリー乗り場まで延伸した。空港から島しょ部までの移動をより便利にし、香川県内の観光振興につなげることを狙っており、瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)の開幕に合わせた。

空港発のリムジンバスはこれまで高松駅が終着点で、島に行く際には駅から港のフェリー乗り場まで徒歩で10分程度移動する必要があった。連絡橋か横断歩道を渡る必要があり、延伸を求める声が地元であがっていた。空港からフェリー乗り場までの料金は大人1000円で高松駅で降りた場合と変わらない。

14日開かれた式典で、ことでんグループの真鍋康正代表は「バス停をきっかけに1人でも多くの人に島の魅力を知って欲しい」と期待を寄せた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません