/

この記事は会員限定です

羽田空港前の干潟、連絡橋で身近に

点照

[有料会員限定]

川崎市の臨海部と羽田空港(東京都大田区)を橋で結ぶ「羽田連絡道路」の工事が大詰めを迎えている。当初は2020年の東京五輪・パラリンピックに合わせて開通する予定だったが、19年の台風19号の影響で、完成時期が21年度末にまでずれこんでいた。市と東京都は連絡橋の名称を募集し、近く決まる見通しだ。

連絡橋の下を流れる多摩川の河口にはアシの群落が点在し、干潮時には約1600ヘクタールの干潟が現れる。上流か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン