/

新潟県、ワクチン・検査パッケージ利用飲食店の登録開始

新潟県は13日、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置などの下でも感染防止対策と日常生活の回復の両立をめざし行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ制度」の利用店舗の登録受付を始めた。ワクチン接種もしくは陰性の検査結果を確認し「同一グループ・同一テーブルでの4人以内での会食」などの制限を緩和する。

同制度の利用を希望する飲食店などは、事前に県への登録が必要。登録申請書類は県のウェブサイトから入手できる。メールか郵送で事務局に送付する。登録店名は県のサイトに掲載するほか、ワクチン・検査パッケージ登録ステッカーを配布する。対象店舗は「にいがた安心なお店応援プロジェクト」の認証店6500店超など。

感染が急拡大し、医療提供態勢の逼迫が見込まれる場合は、同制度を適用せず、強い行動制限を要請する場合がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン