/

1都3県の倒産件数、21年度1916件 32年ぶり低水準

東京商工リサーチが発表した2021年度の首都圏1都3県の倒産件数は、前年同期比15%減の1916件だった。新型コロナウイルス禍に伴う資金繰り支援策が奏功し、1989年以来の32年ぶりの低水準となった。都県別では東京1089件、神奈川376件、埼玉257件、千葉194件といずれの地域も前年を下回った。

負債総額は同21%増の4776億3100万円。4月に特別清算したホテル経営の東京商事(負債額1004億円)、22年3月に会社更生法を申請した鶏卵販売のイセ食品(同278億円)などが全体を押し上げた。

新型コロナ関連倒産は544件と前年度の395件から大幅に増えた。今後について同社は「コロナ禍の支援効果が一巡し原材料高騰の悪材料が重なり、倒産は増加に転じる可能性が高まってきた」との見通しを示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません