/

東京都、電話・SMSで特殊詐欺対策訓練

東京都は電話とSMS(ショートメッセージサービス)を用いて特殊詐欺対策の訓練を実施する。自宅で独りの時など周囲に相談できない状況で、詐欺の電話を受けることを体験してもらう。不審な電話は切る、URLはクリックしないなど、適切な判断や行動につなげる。

都内で被害件数が多い世田谷区や警視庁と連携し、29日と30日に開催する。都内在住の高齢者ら1000人程度の参加を見込む。参加申し込みは特設サイトなどで22日まで受け付ける。都は2022年秋にも3自治体と同様の訓練をする予定だ。

訓練で再現するのは「医療費の払戻金をATMで返金手続きする」という還付金詐欺と「連絡がなければ電話回線を停止する」という架空請求。都の担当者は「訓練でキャッシュカードや現金の用意を求めることはない」と自治体をかたる模倣犯への注意を呼びかけた。

都は特殊詐欺被害を減らすため、区市町村に対して自動通話録音機の購入補助事業を21年度まで実施してきた。訓練を通じた啓発事業を22年度に導入し、効果を検証する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン