/

この記事は会員限定です

宇都宮LRT、全線開業は23年夏 乗客の利便性は後回しに

課題載せ出発

[有料会員限定]

宇都宮市と栃木県芳賀町が宇都宮駅東口―芳賀・高根沢工業団地で整備する芳賀・宇都宮LRT(次世代型路面電車、宇都宮LRT)が2023年8月に全線開業すると決まった。計画より1年5カ月遅れでの開業だ。利用客を囲い込むためにも一足先に部分開業をとの声もあったが立ち消えになった。開業までの「迷走」は宇都宮駅西側への延伸構想にも影響しそうだ。

開業時期が従来の23年3月から数カ月遅れと分かったのは5月下旬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン