/

この記事は会員限定です

堤防決壊から2年、完全復旧へ奮闘 クリーンピア千曲

信越トピックス

[有料会員限定]

千曲川の堤防が長野市内で決壊し、大きな被害をもたらした水害からまもなく2年になる。下水道の終末処理場「クリーンピア千曲」(長野市)では今なお完全復旧を目指す奮闘が続いている。仮設、本復旧を合わせて約300キロメートルに及ぶケーブルを引き直すなど、大がかりな工事が続く。

「今年度中の完全復旧が目標だ」。クリーンピア千曲を担当する長野県千曲川流域下水道事務所の西尾文雄・下流施設課長は、半年先に向けた意...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1393文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン