/

あきたこまちIPLが世界最高賞 海外のビール品評会

クラフトビールメーカー、あくら(秋田市)の「あきたこまちIPL」が国際的なビール品評会「ワールド・ビア・アワード(WBA)2021」で世界最高賞に選ばれた。受賞したのはラガーのカテゴリーの中にあるホッピーピルスナー部門。ホップをふんだんに使い、フルーティーな香りと苦みが特徴のビールだ。

あきたこまちIPLは季節限定のビールとして2020年に販売を始めた。21年に地元の秋田公立美術大学が担当し、ラベルを一新した。内容量は330ミリリットルで、価格は税込み550円。秋田市中心部で日本酒の醸造所だった蔵を改修し、製造している。

あきたこまちIPL

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン