/

この記事は会員限定です

ユニバンス、EV駆動装置「eアクスル」事業化を加速

[有料会員限定]

自動車の駆動系部品を手掛けるユニバンスは電気自動車(EV)向けの駆動モーター装置「eアクスル」の事業化を急ぐ。開発要員を2倍以上に増強し車両メーカーなどと連携し研究開発を進める。異なる走行速度でもモーターを効率よく動かすことができる仕組みで、これを強みに集配用トラック向けなどに売り込む。2025年をメドに生産を始める。

eアクスルはEVなど電動車の基幹装置。駆動系のギア(歯車)を組み合わせたギア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン