/

この記事は会員限定です

北信越のバイオマス発電、福井県が最大規模

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

北信越5県にも相次いでバイオマス発電所が建設されている。事業所が発電した電力を電力会社が一定の価格で買い取る「固定価格買い取り制度(FIT)」で採算が見込めるようになったからだ。環境負荷を低減できるだけでなく、間伐材やゴミを燃料とすることで、地域の林業や農業への貢献にもつなげている。

2020年末時点において、北信越で最も発電容量が大きかったのは福井県だった。2015年以降に敦賀市と大野市に相次い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン