/

この記事は会員限定です

浜松の光スタートアップ、米国市場を開拓 工場を安全に

[有料会員限定]

光関連技術産業の基盤がある浜松市で育ったスタートアップが、米国市場の開拓で成果を上げはじめた。光学機器メーカーのパイフォトニクス(浜松市)だ。工場内作業の安全を確保するための指示サインとして鮮明な発光ダイオード(LED)照明を使い、製造業の顧客を獲得。19~21日の米サンディエゴでの展示会などにも出展し、さらに認知度を高める。

「(クレーンで金型を運搬する)作業に集中していても、LEDライトで危...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1142文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン