/

広島知事「強い対策が必要と国に認識してもらえた」

取材に応じる湯崎知事(14日、広島県庁)

広島県の湯崎英彦知事は14日午前、政府が新型コロナウイルスの緊急事態宣言を同県に適用する方針を示したことについて「県内ではステージ4(感染爆発)の厳しい状況にある。強い対策が必要だと国の方でも認識してもらえた」と述べた。全県的に人出の抑制が必要との認識を示したうえで「できるだけ早く収束させるために取り組んでいきたい」と語った。

県は12日から、広島市中心部の飲食店に対して時短営業を要請している。県は時短要請を県内全域に拡大する方針で、15日に正式に決める。酒類を提供する店舗への休業要請も視野に入れている。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン