/

阿波銀、ビジネス仲介サイト開設

阿波銀行は取引先企業の「売りたい」「買いたい」情報を掲載し、商談を仲介するサイト「あわぎんBMS(ビジネス・マッチング・サービス)」を開設した。企業は年1万3200円の利用料を払って登録し、専用サイトを通じて自社の得意とする技術をアピールしたり、手に入れたい部品の仕様を発信したりできる。

阿波銀は約1年前から同サイトを行内で運用しており、すでに1000件以上のニーズ情報を蓄積している。それを取引先に匿名で有料公開し、売りたい・買いたい企業双方の商談を仲介する。IT(情報技術)スタートアップのリンカーズ(東京・文京)が開発したシステムを活用する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン