/

この記事は会員限定です

首都圏の宿泊・飲食、需要は回復 人手不足で対応後手に

全国旅行支援と水際対策の緩和で

[有料会員限定]

政府の観光喚起策「全国旅行支援」が始まり、新型コロナウイルスの水際対策が緩和されるなか、首都圏の宿泊施設や飲食店で人手不足問題が再燃している。コロナ下で離職者が増え、新規採用や外国人労働者の確保も難しくなっているためだ。各施設は少ない人員で顧客対応しているが、手が回らない状況も出てきた。

東京ディズニーリゾート(TDR)近くにある東京ベイ東急ホテル(千葉県浦安市)はコロナの感染拡大前と比べ、1割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1516文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません