/

この記事は会員限定です

EVモーター部品3割安く 広島の真辺工業、新手法開発

[有料会員限定]

自動車部品などを手掛ける真辺工業(広島県府中市)は電気自動車(EV)用などのモーターのアルミ製ケースを低価格で製造する手法を開発した。特殊な切削工具を使うことで設備投資を抑え、製造コストを3割程度下げられる。EVシフトの波をとらえ、生産規模が小さい車種の受注を狙う。数年で年3億円程度の売り上げを目指す。

モーターケースはコイルを格納する車載モーターの外側部分。直径20センチメートル程度の円柱状をし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り936文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン